パロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パロール: parole)は、言語学哲学における言語の側面についての用語。用いる人によって意味が異なる。

「ラング」との対比における「パロール」[編集]

ソシュールは、言語(language ランガージ)には、ラング(langue)とパロール(parole)という二つの側面があると考えた。ラングとは、ある言語社会の成員が共有する音声語彙文法の規則の総体(記号体系)である。パロールは、ラングが具体的に個人によって使用された実体である。パロールは個人・場面によって異なり、言いよどみ、言い誤りなども含むため、ソシュールは言語学の研究はラングを対象とすべきであるとした。

ソシュールの場合は、個人がラングの規則と条件に従ってその意志を表現するために行う具体的な発話行為を指す。また、ラングが社会的な側面に立つのに対してパロールは個人的な側面に立つが、必ずしもこの概念は対立しているわけではなく、むしろ相互依存的な形を取っている。

エクリチュールとの対比[編集]

ジャック・デリダなどの哲学・言語学では、パロールはしばしばエクリチュールと対比的な概念として考察される。デリダにおいては、西欧社会では、古代ギリシャ哲学者プラトン以降、書き言葉よりも重視されるものとみなされてきたという。