パリオリンピック (1900年) における体操競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パリオリンピック (1900年) における体操競技は、1900年に開催されたパリオリンピックにて1900年7月29日7月30日の両日に実施された体操競技である。このオリンピックでの体操競技は、男子個人総合のみが行われた。

概要[編集]

体操競技には、8つの国から合計135人の選手が出場した[1]。選手は合計で16の種目を行い、各種目にはそれぞれ最高で20点の実施得点が与えられ、その得点の集計で総合順位を決定した。実施された種目は殆どがもともとの体操競技種目だったが、それだけではなく陸上競技種目や重量挙げなども含まれていた。種目の内訳は、次に挙げるとおりである。

競技の結果は、開催国であるフランス代表勢が、メダルを独占することになった。フランス以外の出場者で最高の順位だったのは、スイスから出場したJules Ducreの19位タイ(267点)だった。

結果[編集]

順位 選手名 国・地域 得点合計
1 ギュスターヴ・サンドラス フランス フランス 302 
2 ノエル・バス フランス フランス 295
3 リュシアン・ドマネー フランス フランス 293
4 ピエール・ペーシーno:Pierre Payssé[2] フランス フランス 290
4 Jules Rolland フランス フランス 290
6 Gustave Fabry フランス フランス 283
7 Joseph Martinez フランス フランス 277
8 Marcel Lalu(en:Marcel Lalu フランス フランス 275
8 Mauvezain フランス フランス 275
10 L. Léstienne フランス フランス 273

各国メダル数[編集]

国・地域
1 フランス フランス 1 1 1 3

国別参加者数[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出場選手のうち、2名は途中棄権している。
  2. ^ この選手は、1906年に開催されたアテネオリンピックの個人総合などで2個の金メダルを獲得している。

外部リンク[編集]