パウル・シェーアバルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パウル・シェーアバルト

パウル・カール・ヴィルヘルム・シェーアバルト(Paul Karl Wilhelm Scheerbart、1863年1月8日 - 1915年10月15日)は19世紀末から20世紀初頭にかけての画家・作家・詩人。ダンツィヒ(現ポーランドグダンスク)生まれ。本名、ブルーノ・キューファー。父アール・エドアルト・シェーアバルトの11番目の子供で、4歳のとき実の母と死別している。1873年に父も母の後を追うようにして亡くなる。養母の希望で神学を学ぶが、カントに傾倒したため宣教師にはならず、反時代的反自然主義的な文学を執筆しはじめる。

詳細[編集]

当時の芸術雑誌『デア・シュトゥルム』の発行者ヘルヴァルト・ヴァルデンに言わせると、パウル・シェーアバルトは「最初の表現主義者」。シェーアバルトは当時のドイツにおいて、冒険小説、未来小説、SF小説などの、奇想、幻想とユーモアに溢れた小説、戯曲、エッセイを手がけ、同時に何篇もの詩を綴った。その作品は、当時の主流を占めていた科学的、実証主義的、社会主義的な写実主義、すなわち自然主義文学とは全く異質のものであった。

彼は多くのデッサンを描き、『彼方の回廊』という画集を刊行した画家でもあった。そこにはユーモラスな宇宙生物が所狭しと自由自在な線で描かれていて、現代絵画の研究者はこれをピカソクレーのデッサンの先駆と認めている。

彼は『永久運動――ある発明家の物語』という彼自身の著作を論拠として、反戦運動を繰り広げた。ただし、断固戦争に反対したシェーアバルトは最初、一人でのハンガー・ストライキを決行するという厳しい状況であった。あらゆる栄養摂取を拒否することで平和への意思を表明した。だが元々極度の貧乏暮らしと不規則な生活なため、体力が乏しかったせいか、それからまもなくして第一次世界大戦がさめやらぬうちに、52歳という若さでこの世を去った。葬式には大勢参列者がいたが、その中に当時の有名建築家、ブルーノ・タウトの姿があった。

影響を受けた著名な人物[編集]

Jenseits-Galeri, 1907

ブルーノ・タウト(建築家)。1914年5月16日にドイツのケルンで開催された、ドイツ工作連盟主催の建築工芸展に、「ガラスの家」を展示した。これはシェーアバルトがシュトゥルム社から刊行した『ガラス建築』という書物の影響を受けているとタウト自身が証言している。また、シェーアバルトが『ガラス建築』を執筆するにあたって、タウトが建築上の助言をしたという。

著作[編集]

  • 『小遊星物語』(種村季弘訳、桃源社、1966年→平凡社ライブラリー、1995年)
  • 『億万長者ラコックス』(前川道介訳、種村編『現代ドイツ幻想小説』所収、白水社、1970年)
  • 『星界小品集』(福岡和也訳、工作舎、1986年)
  • 『フローラ・モール』(種村季弘訳、『澁澤龍彦文学館5 綺譚の箱』所収、筑摩書房、1990年)
  • 『永久機関 附・ガラス建築――シェーアバルトの世界』(種村季弘訳、作品社、1994年)
    「永久機関」「フローラ・モール」「シェーアバルティーナ」「ガラス建築」を収む

参考文献[編集]

  • 鈴木久雄 『ブルーノタウトの旅』 新樹社、2002年6月