パイアセッキ PA-97

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Piasecki PA-97 Helistat

パイアセッキ PA-97 ヘリシュタット(Piasecki PA-97 Helistat)は1986年に初飛行したアメリカ合衆国のパイアセッキ・ヘリコプターが製作したハイブリッド飛行船である。ヘリウム気球に取り付けられたフレームに4機のヘリコプターを取り付けて、林業における重量物運搬手段として試作された。

気球による浮力と、回転翼が発生する揚力を組合せて、大きい積載重量を得ようというコンセプトで作られた。揚力を増加させた時に揚力と浮力のバランスが崩れ、姿勢が変化するのを防ぐために、回転翼が1つでは実際的でないので、気球のまわりに複数の回転翼が配置された。

1980年に森林局がアクセスが困難な地域から木材を運び出すための積載重量の大きい航空機としてアメリカ海軍と開発契約が結ばれた。海軍の軟式飛行船、ZPG-2Wと4機のヘリコプター、H-34Jを使って試作機が製作された。104.57m長さのヘリシュタットは世界一の大きさの垂直離陸航空機となった。

4機の中古のヘリコプターのテール・ローター部は取り除かれ、ヘリウム気球の下に取り付けられたアルミ・フレームに取りつけられた。4機のヘリコプターのコクピットは残されていたが、1人のパイロットで操縦することができた。アルミのフレームの下に車輪が取り付けられた。このフレームの強度が十分であったかどうか後に問題となった。

試験飛行はニュージャージー州のレイクハースト海軍航空基地で行われ、1986年4月26日に初飛行した。

1986年7月1日、PA-97は試験飛行後、墜落し、パイロットのグレィ・オレシュフスキー(Gary Oleshfski)は死亡した。後方からの強風によって主脚が異常を引き起こし、ヘリコプタの地上共振現象(ground resonance)とともに胴体に共振が生じ、パイロットは出力を上げ、姿勢を制御して振動を減衰させようとしたが、振動によりフレームが壊れ、ヘリコプターの回転翼が気嚢を裂き、バランスがくずれ墜落した。

外部リンク[編集]