バロー (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バロー
(Barrow)
Lunar crater Barrow.png
バローの位置(月の表側)
月面座標 北緯71度18分 東経7度42分 / 北緯71.3度 東経7.7度 / 71.3; 7.7座標: 北緯71度18分 東経7度42分 / 北緯71.3度 東経7.7度 / 71.3; 7.7
月面緯度 北緯 71.3 度
月面経度 東経 7.7 度
直径 92 km
深度 3.2 km
月面余経度 日の出時点で355°
由来 アイザック・バロー

バロー (Barrow) は、の表側にある大きなクレーターである。月の北部に位置する。ケンブリッジ大学の初代数学教授で、アイザック・ニュートンの先生であるイギリス数学者アイザック・バローにちなんで名づけられた。バローの北西にはゴルトシュミットが、バローの北東にはメトンが位置しており、バローの南西にはウィリアム・ボンドが位置している。

バローの周壁は隕石の衝突などによって激しく風化しており、原型をほとんど留めていない。その結果、周壁は丸みを帯び、中央丘も消え去ってしまった。バローの東側の周壁には細い裂け目が走っており、メトンへ抜ける道が形成されている。バローの南西の周壁には、バローよりも若い従属クレーターであるバローAが形成されており、バローの南西の周壁を完全に消滅させている。バローの周壁の最高地点は北西部であり、ゴルトシュミットの周壁との重複部分である。

バローの内部は溶岩によって覆われており、多くの微細なクレーターがある平坦な土地となっている。バローの底面には、バローの西に位置するアナクサゴラスから広がる光条の痕が走っている。

従属クレーター[編集]

バローのごく近くにある小さな無名のクレーターについては、アルファベットを付加することによって識別される。

名称 月面緯度 月面経度 直径
A 北緯 70.5 度 東経 3.8 度 28 km
B 北緯 70.1 度 東経 10.5 度 16 km
C 北緯 73.1 度 東経 11.1 度 29 km
E 北緯 68.9 度 東経 3.3 度 18 km
F 北緯 69.1 度 東経 1.8 度 19 km
G 北緯 70.1 度 東経 0.2 度 30 km
H 北緯 69.2 度 東経 6.0 度 5 km
K 北緯 69.2 度 東経 11.8 度 46 km
M 北緯 67.6 度 東経 9.2 度 6 km

外部リンク[編集]