ハーバート・ラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーバート・ラングHerbert Lang1879年3月24日 - 1957年5月29日)はドイツ動物学者

ドイツのヴュルテンブルクエーリンゲンに生まれた。子供時代の自然への興味から剥製師の道を歩み、後にチューリッヒ大学の自然史博物館で働く。

1903年、24歳の時アメリカ合衆国へ移住し、アメリカ自然史博物館で働き始める。1906年の最初の探検ではケニヤから178の哺乳類と232の鳥類の標本を持ち帰った。[1]

この成功の後、ラングは博物館のコンゴへの探検を担当し、1914年第一次世界大戦が勃発するまでリーダーを務めた。1919年には博物館の哺乳類学部のアシスタント・キュレーターに就任。

ラングは1925年Rudyerd Boultonを伴って再びアフリカへ行き貴重なジャイアントセーブルアンテロープを含む1200の哺乳類標本を集めた。1935年、彼は親友の未亡人と結婚した。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]