ハスダイ・イブン・シャプルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハスダイ・イブン・シャプルト(スペイン語: Hasdai ibn Shaprutヘブライ語: חסדאי בן יצחק בן עזרא אבן שפרוט ‎、アラビア語: حسداي بن شبروط‎、 915年頃-975年頃) は、後ウマイヤ朝の首都コルドバで活動した医師、学者、政治家で、ユダヤ教徒。

概説[編集]

コルドバ東方のハエン生まれ[1]。初代カリフイスラム国家の指導者)アブド・アッラフマーン3世に登用され、宮廷医、ワズィール(廷臣)を務めた。

960年頃、黒海北方の王国ハザールカガン(可汗、支配者)でユダヤ教徒でもあるヨセフとの間で交わした、ヘブライ文字の往復書簡(『ハザール書簡』en:Khazar Correspondence)が残されており[2][3]、ハザール史やユダヤ史の史料として研究されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]