ノーマン・バーケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

初代バーケット男爵ウィリアム・ノーマン・バーケット(William Norman Birkett, 1st Baron Birkett, 1883年9月6日 - 1962年2月10日)は、イギリス人の裁判官、下院議員。ニュルンベルク裁判で裁判官を務めた。

ノーマン・バーケットはランカシャーバロー・イン・ファーネス近くのアルバストンで生まれた。バロー・イン・ファーネス・グラマー・スクール(現パークヴュー・スクール)に通い、ケンブリッジ大学エマニュエル・カレッジに通った。1910年からケンブリッジ・ユニオン・ソシエティーの会長をつとめた。

1923年から1924年1929年から1931年にかけてノッティンガム・イーストからの選出で下院議員を務めた。1958年からバーケット男爵となる。息子に第2代男爵マイケル・バーケットがいる。