ノーズクリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーズクリップ: nose clip)は、競泳シンクロナイズドスイミングカヌーカヤックなどで使用する道具をはさんで鼻の穴からが入らないようにする。

概要[編集]

競泳では上唇を尖らせて鼻の穴を塞ぐことができる選手もいるが、これが苦手な選手は主に背泳ぎで使用することがある。特に潜水(バサロ)スタートを行うときは鼻に水が入りやすい。また、水に不慣れな競泳初心者もノーズクリップを着用することがある。オーストラリアの競泳選手イアン・ソープも幼少時代に着用して練習していたという。

カヌーでロデオ系のプレイをしたり、カヤックでエスキモーロールをするときなどは特に鼻に水が入りやすいため、ノーズクリップを着用することがある。なお、カヌー・カヤック用は紛失防止のため、ヒモ付きのものが一般的。


関連項目[編集]