ネパール共産党マルクス主義派 (1986-1991)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネパール共産党マルクス主義派 (1986-1991)ネパールにかつて存在した共産主義政党

マン・モハン・アディカリ率いるネパール共産党マンモハン派と、サハナ・プラダン[1]率いるネパール共産党プシュパラル派1987年に合同したことにより生まれた政党。略称CPN(M)。同党はインド共産党マルクス主義派と緊密な関係を持っていた。

1990年の民主化運動(ジャナ・アンドラン)では統一左翼戦線に加盟し、独裁体制と闘った。

1991年、CPN(M)はネパール共産党マルクス・レーニン主義派と合同し、ネパール共産党統一マルクス・レーニン主義派統一共産党またはCPN(UML))を結成し、現在に至る。しかし、かなりの数の旧CPN(M)の指導部は間もなく離党し、独自の「ネパール共産党マルクス主義派」を結成した。

大衆組織としては「ネパール労働組合センター」と「ネパール進歩的学生連合」があった。

脚注[編集]

  1. ^ サハナ・プラダンは同党を設立したプシュパ・ラル・シュレスタの未亡人で夫の死後、同党を指導していた。