ネットワーク監視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネットワーク監視英語:Network monitoring)とは、コンピュータネットワークの性能低下や障害を定期的に監視すること、またはそのシステムを指す。ネットワーク監視システムはネットワーク管理者に、電子メールその他の手段で警報を通知する。ネットワーク管理機能の一部である。

概要[編集]

侵入検知システムは外部からの侵入を監視するが、ネットワーク監視システムは、負荷の異常な高まり、サーバの障害、ネットワーク接続障害、ネットワーク機器障害などを監視する。

例えば、Webサーバの状態を知るには、監視ソフトウェアが定期的にHTTP要求を送ってページを取得する。電子メールサーバなら、SMTP でテストメッセージを送り、IMAPPOP3 で受信してみる。

典型的な計測尺度としては、応答時間可用時間などがあるが、最近では堅牢性や信頼性の尺度が一般化しつつある。

コネクションを確立できないとか、タイムアウトが発生したり文書やメッセージが取得できないなど、状態取得に失敗すると、監視システムは何らかのアクションを起こす。このアクションは様々で、システムアドミニストレータがその場にいなくとも電子メールやポケットベルなどで警報を送ったり、自動的にフェイルオーバーして問題のあるサーバを切り離し、修理を待つなどの対応が行われる。

また、ネットワーク監視をサービスとして提供する企業もある。これは、Webサイトを外部から監視するもので、応答時間の低下、障害発生、コンテンツ改ざんなどを監視し、問題を検知すると同サイトの管理者に通知するサービスである。

関連プロトコル[編集]

ネットワーク監視システムが調べることができるプロトコルとして、HTTPHTTPSFTPSMTPPOP3IMAPDNSSSHTELNETSSLTCPping などがある(他のポートも監視可能)。監視間隔は数時間から1分程度まで様々である。

ネットワーク監視ソフトウェア[編集]

フリーソフトウェアおよびOS標準機能

ネットワーク管理システム[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]