ニュー・アトランティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュー・アトランティス
ベーコンによる『ニュー・アトランティス』1628年版の表紙
ベーコンによる『ニュー・アトランティス』1628年版の表紙
著者 フランシス・ベーコン
発行元 出版社不記載
ジャンル ユートピア小説
英国
言語 ラテン語/英語
ページ数 46 p
テンプレートを表示

ニュー・アトランティス』は、イングランド近世ルネサンス期)のキリスト教神学者、哲学者、法律家フランシス・ベーコンによるユートピア小説で、未完の遺稿。1627年に "New Atlantis" として英語で出版された。この著書に出てくる架空の島の名はベンセレム(Bensalem)、理想の学問の府が「ソロモンの館」(Salomon's House) である。ベーコンはここで、科学技術の発達したユートピア世界と理想の国家を描いている。この著作は未完のまま、ベーコンの死後に出版された。

あらすじ[編集]

ペルーから船出した「われわれ」一行は、日本、中国を目指すが風に恵まれず、進退きわまっていた。そんな時にようやく未知の島「ベンセレム」にたどり着く。ここは「われわれ」と同じキリスト教徒の国であり、一行は異国人のための館に案内され手厚くもてなされると、この国の歴史や社会制度、慣習、「ソロモンの館」という学究機関の話などを聞く。それは科学技術の発達した理想郷のような世界であった。

日本語訳[編集]

 ※主な日本語訳は以下。OPACなどで確認できた訳書を挙げる。

外部リンク[編集]