ニネット・ド・ヴァロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニネット・ド・ヴァロア

ニネット・ド・ヴァロワ(Dame Ninette de Valois OM, DBE, 1898年6月6日 - 2001年3月8日)は、アイルランド生まれのバレエダンサー、振付家。本名はエドリス・スタナス(Edris Stannus)。

ダブリンに生まれる。チェケッティはじめ、多くの舞踊教師に学び、1914年初舞台。主にロンドンで踊った。

1923年から1925年まで、セルゲイ・ディアギレフ主催のバレエ・リュスに参加。その間、ニナ・ドヴァロワ(Nina Devalois)と名乗った。1926年春、バレエ学校をロンドンに設立。同年にオールド・ヴィック劇場のオーナーであるリリアン・ベイリス(Lilian Baylis, 1874年 - 1937年)と知り合い、劇場のために振り付けをした。

1931年、サドラーズ・ウェルズ劇場に付属のバレエ学校を設立し、専属のバレエ団を組織。これが発展し、イギリス最初の優れたバレエ団となった。第二次世界大戦後、サドラーズ・ウェルズ・バレエ団は本拠地をコヴェント・ガーデンに移し、王族を名誉総裁に迎え、1957年からロイヤル・バレエ団と改称した。

1950年、フランスよりレジオンドヌール勲章を与えられた。

1951年、舞踊発展に尽くした功績により、デイム(Dame)の称号が与えられた。