ニコライ・ベルンシュテイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ベルンシュテインロシア語: Николай(Соломон)Александрович Бернштейн, ラテン文字転写: Nikolay(Solomon) Aleksandrovich Bernshteyn1896年11月5日(ユリウス暦10月24日)モスクワ - 1966年1月16日モスクワ)は、ロシア生理学者であり、人間の動作の可変性に取り組んだ現代運動科学を基礎づけた科学者の一人。

本名はソロモンでユダヤ系オデッサ出身のセルゲイ・ナタノヴィチ・ベルンシュテインの甥にあたる。

ベルンシュテインはこう認識した。動作は書き留められた神経運動プログラムによって操作されることはあり得ない。むしろ目前の状況に柔軟に適応するものでなければならない。よって、動作のコーディネーションにおける主要課題は、人間の身体が許す多様な自由度を目前の状況に合わせて適応させることではないか、と。

ベルンシュテインの出版物は、随分後になってから初めて露語から英語へ翻訳された。それに伴い,西側の科学者たちの知るところとなったのだが、それらは基礎的な認識であるがゆえに科学的な運動研究の底流深くにまで影響を及ぼすとみられていた。例えばダイナミックシステム理論が運動コーディネーションにも応用される元となった。

1966年にのため死去。71歳。

論文[編集]

  • 「運動の生理学」(1934年)

著書[編集]

関連文献[編集]

  • Latash, Mark L. (ed.) Progress in Motor Control: Bernstein's Traditions in Movement Studies, Vol. 1

外部リンク[編集]