ニコライ・チェルヌイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコライ・ステパノヴィチ・チェルヌイフ(Nikolay Stepanovich Chernykh、ロシア語:Николай Степанович Черных、1931年10月6日-2004年5月26日)は、ソビエト連邦リトアニアロシア天文学者である。妻は共同研究者であり、同じく天文学者のリュドミーラ・チェルヌイフである。姓は"チェルニク"とも表記する。

チェルヌイフは、ヴォロネジ州Usman'の町に生まれた。太陽系内の小天体の運動を専攻し、1963年からウクライナクリミア天体物理天文台で働いた。

チェルヌイフは2つの周期彗星スミルノワ・チェルヌイフ彗星チェルヌイフ彗星を発見し、また、有名な(2867)シュテインスや(2207)アンテノールを含む537個の小惑星を発見した。

1979年にチェコのアントニーン・ムルコスが発見した小惑星(2325) チェルヌイフは、夫妻の功績から命名された。