シュテインス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュテインス
2867 Šteins
仮符号・別名 1969 VC
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1969年11月4日
発見者 N. S. チェルヌイフ
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.363 AU
近日点距離 (q) 2.018 AU
遠日点距離 (Q) 2.708 AU
離心率 (e) 0.146
公転周期 (P) 3.63 年
軌道傾斜角 (i) 9.95
近日点引数 (ω) 250.55 度
昇交点黄経 (Ω) 55.53 度
平均近点角 (M) 232.06 度
物理的性質
直径 6.67 × 5.81 × 4.47 km
自転周期 6.049 時間
スペクトル分類 E
絶対等級 (H) 12.9
アルベド(反射能) 0.10
表面温度 ~181 K
■Project ■Template

シュテインス (2867 Šteins) は、小惑星帯の小さな小惑星。1969年にニコライ・チェルヌイフによって発見され、ラトビアの天文学者カールリス・シュテインスに因んで命名された。

2005年8月にヨーロッパ南天天文台で行われた観測によれば、シュテインスは直径約 4.6 kmのE型小惑星である[1]。また、2006年3月に無人探査機ロゼッタによって撮影されたシュテインスの光度曲線の分析によれば、自転周期はおよそ6時間で、不規則な形状をしており、衛星は持たない[2]とされていた。

2008年9月5日に、ロゼッタは 9 km/sでシュテインスに 1,700 km まで接近・フライバイし、画像を送信した。画像から、シュテインスは下が尖っており、アルベドが高いこともあってまるでカットしたダイアモンドのような形状だとわかった。シュテインスには、直径2.1kmの大きなクレーター、一直線に並んだ7個のクレーターなどが発見されている。

その後、画像の分析などから、シュテインスは逆行自転していること、ラブルパイル構造であること、YORP効果によって現在の形状が形成された事などが発表された[3][4]

シュテインスはロゼッタが接近する2個の小惑星のうち1個目で、もう1個は2010年に接近した (21) ルテティアである。

地形[編集]

2012年5月11日国際天文学連合惑星システム命名ワーキンググループにより地名の命名が発表された。平坦な地域は発見者にちなみ「チェルヌイフ地域」と命名され、クレーターは、シュテインスがダイアモンドのような形状をしていることから宝石にちなみ命名された。上記の最大のクレーターには「ダイアモンド」と命名されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ハーディ (小惑星)
小惑星
シュテインス (小惑星)
次の小惑星:
ウプパ (小惑星)