ナイーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナイーブとは、「飾りけがなく素直な様」「純粋で傷つきやすい様」「繊細」という意味で使われる和製英語。なお、英語本来のnaiveは「うぶ」「世間知らず」「お人よし」「無警戒」「ばか正直」という意味を含蓄する。日本におけるナイーブはどちらかというとsensitiveに近い。ナイーブは和製英語であるが、例えば美術の素朴派として「ナイーブ・アート」という童心的な絵画を指して使う事もある。このような場合は否定的とは限らない。

日本において、いつ頃からこのような誤用が広まったのかは定かではない。しかし、少なくとも1980年頃には現在のような意味で使われていた事が分かっている[要出典]。ひとつ可能性が高い物として、1979年制作のTVアニメ『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイの性格設定にこの言葉が使われており[要出典]同作の社会的影響からしてこの事が起源になっている事実[要出典]が考えられる。[独自研究?]

この誤用が広まった背景に、日本においては「童心」というものが萌えの流行に見られ、批評・揶揄されながらも比較的否定的なイメージを持っていなかったということが挙げられる[独自研究?]であろう。

関連項目[編集]