ドン戦線 (ソ連軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドン戦線ロシア語: Донской фронтドン方面軍、もしくはドン正面軍とも)は、第二次世界大戦中(独ソ戦中期)にスターリングラード地域に設置された赤軍の方面軍級部隊である。

概要[編集]

1942年9月30日、スターリングラード戦線の改称により設置された。ドン戦線は、第1親衛軍、第21軍、第24軍、第63軍、第66軍、第4戦車軍(10月22日から第65軍)、第16航空軍から成り、1943年1月1日から第57軍、第62軍、第64軍が配属された。

1942年10月~11月前半、戦線部隊は、スターリングラード北方を防衛し、南東戦線から再創設されたスターリングラード戦線に対する圧力を軽減させた。11月、ドン戦線は、南西戦線及びスターリングラード戦線と共に反攻に転じ、スターリングラード地区で33万の敵集団を包囲した。1943年2月2日、「コリツォー」(Кольцо)作戦を行い、包囲された敵軍を撃滅した。

1943年2月15日、2月5日付最高司令部スタフカの命令に基づき、ドン戦線は廃止され、中央戦線が設置された。

編制[編集]

  • 第1親衛軍 - 1942年9月30日~
  • 第21軍 - 1942年9月30日~
  • 第24軍 - 1942年9月30日~
  • 第63軍 - 1942年9月30日~
  • 第66軍 - 1942年9月30日~
  • 第4戦車軍 - 1942年9月30日~。10月22日から第65軍
  • 第16航空軍 - 1942年9月30日~
  • 第57軍 - 1943年1月1日~
  • 第62軍 - 1943年1月1日~
  • 第64軍 - 1943年1月1日~

指揮官[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]