ドロステ効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロステ・ココアのイラスト(1904年頃)

ドロステ効果(ドロステこうか、オランダ語Droste-effect)とは、再帰的な画像[1]紋章学における紋中紋)のもたらす効果のこと。あるイメージの中にそれ自身の小さなイメージが、その小さなイメージの中にはさらに小さなイメージが、その中にもさらに……と画像の解像度が許す限り果てしなく描かれる。ドロステ効果は、自己言及システムのストレンジ・ループ(Strange loop)の視覚的例である。

起源[編集]

名前の由来はオランダのドロステ・ココアのパッケージからである。尼僧が持っている盆の上に、ココアの入ったコップと一緒にドロステ・ココアの箱が乗っていて、その箱の絵には、コップとドロステ・ココアの箱が乗った盆を持つ尼僧が描かれている[2]。この絵柄は1904年に始まり、長い間使われ、家庭ではおなじみのものになった。

「ドロステ効果」という語は、伝えられるところでは、詩人でコラムニストのNico Scheepmakerが1970年代後期に使い出したということである[3]

ドロステ効果の作り方[編集]

ドロステ効果は向かい合った2枚の鏡で簡単に作ることができる。鏡の中にはお互いの画像が永遠に反復される。また、ビデオカメラで、それがとらえた画像の映ったモニターを撮影することでもドロステ効果が作れる。

ドロステ効果の例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nänny. Max and Fischer, Olga, The Motivated Sign: Iconicity in Language and Literature pp.37, John Benjamins Publishing Company, (2001) ISBN 9-027-22574-5
  2. ^ Törnqvist, Egil. Ibsen: A Doll's House, pp.105, Cambridge University Press (1995) ISBN 0-521-47866-9
  3. ^ Droste, altijd welkom
  4. ^ Giotto di Bondone and assistants: Stefaneschi triptych

関連項目[編集]

外部リンク[編集]