トーマス・ビアステーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・ビーアステカー(Thomas J. Biersteker)は、アメリカ合衆国国際政治学者。専門は、国際政治経済学、国際テロリズム対策、債務問題。

シカゴ大学卒業後、マサチューセッツ工科大学政治学の博士号取得。南カリフォルニア大学国際問題研究所所長、ブラウン大学政治学部教授、および同大学ワトソン国際問題研究所所長を経て、2007年より、ジュネーブ高等国際開発研究院政治学・国際関係学部のCurt Gasteyger記念国際安全保障教授。また、同研究院の国際ガバナンスプログラム(Programme for The Study of International Governance)の所長も務める。米国の外交政策に大きな影響を持つとされるアメリカ外交評議会のメンバーでもあり、経済制裁プログラムのデザインに関して、国際連合、スイス、スェーデン、ドイツ政府などに対する助言者として活躍している。

著書[編集]

単著[編集]

  • Distortion or Development?: Contending Perspectives on the Multinational Corporation, (MIT Press, 1978).
  • Multinationals, the State, and Control of the Nigerian Economy, (Princeton University Press, 1987).

共著[編集]

  • Argument without End: In Search of Answers to the Vietnam Tragedy, with Robert S. McNamara, James G. Blight, Robert K. Brigham and Herbert Y. Schandler, (Public Affairs, 1999).
仲晃訳『果てしなき論争――ベトナム戦争の悲劇を繰り返さないために』(共同通信社, 2003年)

編著[編集]

  • Dealing with Debt: International Financial Negotiations and Adjustment Bargaining, (Westview Press, 1993).

共編著[編集]

  • State Sovereignty as Social Construct, co-edited with Cynthia Weber, (Cambridge University Press, 1996).
  • The Emergence of Private Authority in Global Governance, co-edited with Rodney Bruce Hall, (Cambridge University Press, 2002).
  • The Rebordering of North America: Integration and Exclusion in a New Security Context, co-edited with Peter Andreas, (Routledge, 2003).
  • Financing Global Terrorism, co-edited with Nikos Passas and Sue Eckert, (Routlege, 2006).
  • International Law and International Relations: Bridging Theory and Practice, co-edited wtih Peter J Spiro, Chandra Lekha Sriram and Veronica I Raffo, (Routledge, 2007).
  • Countering the Financing of Terrorism, co-edited with Sue E. Eckert, (Routledge, 2008).