トランスクリティカル分岐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トランスクリティカル分岐(transcritical bifurcation)は、分岐の一つ。

分岐の前後では、安定不動点と不安定な不動点が存在する。しかし、合わさったとき、安定性が交換される。

正準系は、

 \frac{dx}{dt}=rx-x^2. \,

である。

この式はロジスティック方程式に似ているが、rx は正と負の値をとりうる(一方ロジスティック方程式の場合非負である)。

関連項目[編集]