トラレスのアンテミオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トラレスのアンテミオスギリシア語: Ανθέμιος από τις Τράλλεις, 474年 - 534年)は、東ローマ帝国数学者および建築家ハギア・ソフィア大聖堂の建築家として知られるが、建築家というよりはむしろ幾何学を専門とする数学者・理論家で、確実に彼が設計したとされるのはハギア・ソフィア大聖堂のみである。

リディアのトラレス(アイドゥン)の中流階級の一族の生まれで、父親は医者であった。建築を幾何学の具体物への応用とし、ハギア・ソフィアでその技術的偉業を達した。