デリヴァリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デリヴァリーDelivery )はイギリスプログレッシブ・ロックバンド。

来歴[編集]

1968年:スティーヴ・ミラー、フィル・ミラー、ピップ・パイル、ロル・コックスヒル、ジャック・モンクにより結成。

1970年:ミラー兄弟、パイル、キャロル・グライムス、ロイ・バビントンで1st「Fools Meeting」録音。(Carol Grimes And Delivery名義)      

1971年:パイル脱退(後にゴング)、ローリー・アラン加入。
     グライムス、バビントン脱退、後に解散。

1972年:ミラー兄弟、パイル、リチャード・シンクレアにより再結成。この編成が後に、ハットフィールド・アンド・ザ・ノースとなる。
     (スティーヴ・ミラーを含めるか否かは諸説ある。)

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1968年~1969年[編集]

  • スティーヴ・ミラー(Steve Miller) - piano/vocal
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • ロル・コックスヒル(Lol Coxhill) - soprano sax
  • ジャック・モンク(Jack Monk) - bass guitar

第2期(Carol Grimes And Delivery) 1969年~1971年1[編集]

  • スティーヴ・ミラー(Steve Miller) - piano/vocal
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • キャロル・グライムス(Carol Grimes) - vocal
  • ロイ・バビントン(Roy Babbington) - bass guitar

+

  • ロル・コックスヒル(Lol Coxhill) - soprano sax(ゲスト/1st)


1st「Fools Meeting」録音。

第3期 1971年1~5[編集]

  • スティーヴ・ミラー(Steve Miller) - piano/vocal
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • キャロル・グライムス(Carol Grimes) - vocal
  • ロイ・バビントン(Roy Babbington) - bass guitar
  • ローリー・アラン(Laurie Allan) - drums

第4期 1972年9~10[編集]

  • スティーヴ・ミラー(Steve Miller) - piano/electric piano
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar/vocal

+

  • ディディエ・マレエブ(Didier Malherbe) - flute (1972年9月のギグにゲスト参加)


“One For You”、“Will My Thirst Play Me Tricks / The Ant About To Be Crushed Ponders Not The Where Withal Of Boot Leather”を録音。

第5期 1972年11[編集]

  • スティーヴ・ミラー(Steve Miller) - electric piano
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - vacal
  • ロイ・バビントン(Roy Babbington) - bass guitar
  • ロル・コックスヒル(Lol Coxhill) - soprano sax

第6期 1973年[編集]

  • スティーヴ・ミラー(Steve Miller) - piano/electric piano
  • ロル・コックスヒル(Lol Coxhill) - soprano sax
  • ロイ・バビントン(Roy Babbington) - bass guitar
  • ローリー・アラン(Laurie Allan) - drums

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Fools Meeting (1970年 第2期)

シングル[編集]

  • Harry Lucky/Home Made Ruin (1970年 第2期)

その他[編集]

  • Lol Coxhill & Steve Miller / 「Coxhill/Miller,Miller/Coxhill」 (1973年)
    第4期編成での“One For You”、“Will My Thirst Play Me Tricks / The Ant About To Be Crushed Ponders Not The Where Withal Of Boot Leather”を収録している。
  • Lol Coxhill & Steve Miller / 「Coxhill/Miller,Miller/Coxhill」+「゛THE STORY SO FAR…゛゛ …OH REALLY?゛」 (2007年)
    上記を含むCDに第5期のライブ音源“Betty (You Pays Your Money, You Takes Your Chances)”、“ God Song”、“ Bossa Nochance / Big Jobs”を追加収録している。。“ Bossa Nochance / Big Jobs”は後にハットフィールド・アンド・ザ・ノースの1stに収録される曲である。

関連項目[編集]