デリバリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香港ピザハットのデリバリーバイク

デリバリー (delivery) とは、日本では主に「食事の配達・出前のことを指す言葉である。deliveryという英語には「配達・配信」などの意味の他に「出産」や「話し方」など複数の意味を有する名詞であるが、日本語でデリバリーといえば主に食事を自宅や会社まで配達してくれる業者や、その食品を指すことが多い。

概要[編集]

多くの業者がデリバリー事業に乗り出しており、デリバリーの代名詞とも言えるピザを初め、イタリア料理、中華料理、お好み焼き、弁当、うどん、寿司に至るまで非常に幅広い。現在ではスーパーマーケットネットスーパーを通じて、出来合いの弁当総菜のデリバリーに乗り出している。一般的に、ラーメン・そば等の食堂型店舗による配達は出前と呼ばれ、「デリバリー」は店内に飲食スペースの無い配達専門のチェーン店で、ポスティングやインターネットでメニューを見て電話で注文するような業者に使用されることが多いが、両者の区分は曖昧である。また、客が自ら店舗に出向いて商品を持ち帰ることはテイクアウトと呼ばれる。

主に都心部に全デリバリーチェーン店の90%以上が集中している[要出典]ことから、ある意味都会型のレストラン形式と言っても過言ではない。そのためデリバリー業務のみを行うピザチェーンなどは、地域に展開していなければその地域の住人はその業者の製品を食べることは出来ない。またデリバリーには配達圏内が指定されており大手であっても東京23区のようにムラ無く展開されていない場合は都心でも不可能になる。日本においてのデリバリーの歴史は浅く、1985年にドミノ・ピザ日本1号店が東京・恵比寿でオープンしたことに始まる。尚、うどん、ラーメンといった、いわゆる出前は江戸時代から存在している[要出典]

デリバリーは基本的に明確な住所(位置)が定まっており、注文する当人(またはグループの誰か一人)と通話可能な電話番号があればたとえ公園であろうと路上であろうと、その場所を圏内とする店舗から商品を受け取ることが出来るが、受け取る場所(側)がデリバリーの商品を受け入れない場合は無理である(例:レストラン、ホテル、駅プラットホーム、スタジアム、パーキングエリアなど)。また省庁や公共機関、警備が厳重なマンション、ホテル、オフィスビルなどの場合はたとえ身分証明できる配達員であったとしても入館を許可されないことがあるため、注文をする前に自身の住む(働く)建物に配達員が入って来ることが可能かを知らなければならない。また表札、インターホンなどが無い場合は到着時間が通常より伸びると考えてよい。彼らは携帯電話を常に持ち歩いているので「着いたら電話して欲しい」旨などを注文時に告げることも可能。

多くのデリバリー業者は一回注文のあった顧客の名前・電話番号・住所を控えているが、個人情報保護法執行の為、原則として注文する人間が諸情報をもう一度言わなければならない。尚、顧客情報は厳重に管理されており、業務員であっても業務外に持ち出すことは堅く禁じられている。

営業の特徴[編集]

デリバリーシステムはそれを利用する顧客にとって自宅にいながら食事を受け取れるため、その利便性から発達してきた。そのような特性から「人々が外出するのが嫌な状況下」においては注文が非常に集中する。天候は最も明確な例であり、晴天時と雨天時の混雑具合の開きは大きい。その他、サッカー日本代表戦や野球中継の有無なども過度に影響を及ぼす[要出典]。また冠婚葬祭や各種イベントなども例外ではなく、クリスマスはピザチェーン最大の繁忙日と言われており、年末の企業仕事納め日などもオフィス街を配達圏内に持つ店舗は多忙を極める。オーソドックスな混雑は土日祝日のピークタイムで、それに悪天候や人気スポーツ中継[要出典]などが加われば混雑状況は加算される。逆にいえば、イベントが無く晴天の平日で、尚且つランチタイムでもディナータイムでもない時間帯に注文をすれば迅速に商品を受け取れる可能性が高いということである。

また他のレストラン同様、デリバリーチェーンも立地により客層が大きく異なり、配達時間や混雑状況などに明確な違いがでる。例えば東京の都心部(港区中央区など)を商圏を持つ店舗の場合、注文の多くが法人・事業所からのものであり、特徴として客単価が非常に高く配達件数が少ない。そしてオフィス街の為土日祝日は他の店舗ほど混雑しない。逆に郊外のベッドタウンを抱える店舗の場合は個人が主な客層となる為、客単価は安く配達件数が多い。そして土日祝日、クリスマス、年末年始などに混雑のピークを迎える。個人のユーザーにも地域ごとに特徴があり、例えばベッドタウンでは家族持ちのユーザーが多いのに対し都心部では一人暮らしの人が多い。その他、青山六本木などには欧米外国人、新宿などにはアジア系外国人のユーザーなどその地域性が客層に強く反映する。

注文から商品受け取り時間の大よその目安は30~40分前後である。しかし上記のような特性から環境によってその時間は長くなることがある。例えばクリスマスのディナータイムに注文をすれば2時間以上待たされることも可能性としては十分有りうる。注文時に推定配達時間を質問することが可能で、従業員も率先して時間をこちらに告げてくる場合が多い。30~40分前後なら正常、1時間で混雑、1時間以上で超混雑、2時間以上で店舗の処理能力を超えている状態、と大よその目安を付けることができる。

主なデリバリーチェーン[編集]

デリバリー注文サイト[編集]

関連項目[編集]