デス・グリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Death Grips
2012年撮影}
2012年撮影
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニアサクラメント
ジャンル ヒップホップ
活動期間 2010年 -
レーベル サード・ワールド、ハーヴェスト・レコードエピック・レコード
公式サイト thirdworlds.net
メンバー
ステファン・ バーネット
ザック・ヒル
アンディーモーリン

{{{Influences}}}

デス・グリップスDeath Grips)は、アメリカカリフォルニア州サクラメント出身の3人組ヒップホップバンドである。ヴォーカル担当のステファン・バーネット (Stefan Burnett)、ドラム担当のザック・ヒル (Zach Hill)、キーボード・プログラミング担当のアンディー・モーリン (Andy Morin)の3人から成る。バンドの音楽は、パンク・ロックヒップホップノイズの融合だと称されている[1]

来歴[編集]

2010年12月結成。 2011年にミックステープ『Exmilitary』をフリー・ダウンロードで発表。そのノイジーかつフリーフォームな音楽性が話題となった。 2012年、メジャー・レーベルであるエピック・レコードと契約。4月に最初のスタジオ・アルバム『The Money Store』をリリース。本作は各音楽メディアから高い評価を集め、ピッチフォーク・メディアのこの年の年間ベスト・アルバム第9位に選ばれた[2]。リリース後はカナダ、ヨーロッパを含むツアーが予定されていたが、新作制作のためツアーをキャンセル。 同年10月、アルバムのリリース時期を巡ってエピックと対立し、自らで新作『No Love Deep Web』をネット上にリーク、フリー・ダウンロードで発表。その陰茎にマジックでアルバム・タイトルを殴り書きしたという過激なアートワークも話題となった。この結果、バンドはエピックからレコード契約を破棄されることとなった。 2013年1月、渋谷WWWにて初となる来日公演を行い、7月にはフジ・ロック・フェスティバルに出演。同年11月には3作目『Government Plates』をフリーでリリース。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • The Money Store (2012年)
  • No Love Deep Web (2012年)
  • Government Plates (2013年)

ミックステープ[編集]

  • Exmilitary (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ Weingarten, Christopher (2012年11月20日). “ARTIST OF THE YEAR: DEATH GRIPS”. Spin. 2013年12月13日閲覧。
  2. ^ Powell, Mike (2012年12月20日). “The Top 50 Albums of 2012”. Pitchfork. 2013年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]