テレサ・ルボミルスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テレサ・ルボミルスカ

テレサ・ルボミルスカポーランド語:Teresa Lubomirska,1685年1月1日 - 1712年1月6日)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族女性、公女(帝国諸侯)。

王冠領宮内長官を務めたユゼフ・カロル・ルボミルスキ公とその妻テオフィラ・ザスワフスカ=オストログスカの長女として生まれた。母方の祖父はヴォルィーニ地方の大領主ヴワディスワフ・ドミニク・ザスワフスキ公である。1701年12月15日にクラクフで、ルドヴィカ・カロリナ・ラジヴィウと死別したドイツのプファルツ選帝侯の息子カール・フィリップと結婚した。2人の娘が生まれたが、いずれも幼くして亡くなった。テレサの死後、カール・フィリップは選帝侯の地位を継承した。

  • テオフィーレ・エリーザベト・フランツィスカ・フェリーツィタス(1703年 - 1705年)
  • アンナ・エリーザベト・テオフィラ(1709年 - 1712年)