テック・ギー単独選挙区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テック・ギー単独選挙区(Teck Ghee Single Member Constituency)は1984年から1991年まで存在したシンガポールアン・モ・キオの単独選挙区。

第3代首相のリー・シェンロンの選挙区として人民行動党が強固な地盤を持っていた。

国会議員[編集]

(アン・モ・キオ集団選挙区の選挙地区として残っているが、選挙区は廃止。)

候補者と結果[編集]

1980年代の選挙[編集]

1988年通常選挙: テック・ギー
政党 立候補者 投票数 % ±%
PAP リー・シェンロン 11,512 79.13 -1.25
無所属 パトリック・レオン 3,037 20.87 +20.87
1位と2位の得票差 8,475 58.26 -2.5
投票率 14,952 96.4 -0.9
PAPが維持 スイング英語版 -1.25
1984年通常選挙: テック・ギー
政党 立候補者 投票数 % ±%
PAP リー・シェンロン 12,794 80.38
統一人民戦線 ギャム・ライ・チェン 3,123 19.62
1位と2位の得票差 9,671 60.76
投票率 16,404 97.3
PAP 勝利 (新設)

出典[編集]