テウデリク3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テウデリク3世(Theuderic III, 654年 - 691年)は、メロヴィング朝の8代目の国王(在位:679年 - 691年)。

クロヴィス2世バルティルドの子供。673年宮宰エブロインクロタール3世が没したため、彼を擁立しようとしたが、失敗しキルデリク2世が擁立された。

キルデリク2世が675年に亡くなりネウストリア王国の国王に就任した。さらに679年にアウストラシア王国の国王であるダゴベルト2世が暗殺されたが、ネウストリア宮宰エブロイン率いる軍は、アウストラシア宮廷の実力者ピピン家のピピン2世とマルティヌスを破り、テウデリク3世がアウストラシアも手中におさめ、全フランクの国王となった。

家族[編集]

彼の妻はアンゼギゼルベッガの娘・クロチルダである。

子供は以下の5人。 

  • ベルトレド
彼女の孫娘であるベルトレドはピピン3世の妻。


先代:
キルデリク2世
フランク
8代
679年 - 691年
次代:
クロヴィス4世