ティベスティ山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティベスティ山地
Emi Koussi-Tibesti Mountains-Chad.jpg
国際宇宙ステーションから見たティベスティ山地
所在地 チャドの旗 チャド
リビアの旗 リビア
位置 北緯20度46分48秒 東経18度03分00秒 / 北緯20.78000度 東経18.05000度 / 20.78000; 18.05000座標: 北緯20度46分48秒 東経18度03分00秒 / 北緯20.78000度 東経18.05000度 / 20.78000; 18.05000
最高峰 エミクーシ山 (3,445m)
延長 380km
350km
ティベスティ山地の位置(アフリカ内)
ティベスティ山地
ティベスティ山地
ティベスティ山地の位置(アフリカ
テンプレートを表示

ティベスティ山地(ティベスティさんち、Tibesti Massif)とはチャド北部とリビア南部のサハラ砂漠内に存在する山地[1]死火山。サハラ砂漠の最高地点のエミクーシ山(3415m)や、トゥシデ山(3315m)など複数の3000m級の高峰を持つ山地であり、アフリカ大陸中北部、サハラ砂漠南部の山地。チャド(Chad)・ニジェール(Niger)・リビア(Libya)の各国境にまたがるが、大半はチャド北西部を占める。

山の特性としては、古生代の砂岩で覆われた結晶性岩石が基盤をなし、ところどころに火山活動期の噴出岩が露出する。3本の深い涸れ谷(ワジ)が走り、前5000年頃までは気候が湿潤であったことを示している。 ちなみに遊牧民(ベルベル人)が住んでいる

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]