チャンネ・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンネ・リー
各種表記
ハングル 이창래
漢字 李昌來
発音: イ・チャンネ
ローマ字 I Chang-rae
テンプレートを表示

チャンネ・リー(Chang-Rae Lee, 1965年7月29日 - )は大韓民国生まれの米国作家である。韓国名、李昌来。1995年第一作『ネイティブ・スピーカー』で米国の文学賞を立て続けに受賞した。現在、プリンストン大学で創作を教えている。

1965年ソウルに生まれ、3歳の時、精神科医の父らと米国に移住した。ニューヨーク州ウェストチェスターで育ち、フィリップス・エクセター・アカデミーを経てイェール大学英文学科卒業後オレゴン大学大学院で芸術修士号を取得、ウォール・ストリートで1年間証券アナリストを経験してから執筆活動に専念した。

作品[編集]

『ネイティブ・スピーカー』(Native Speaker, 未邦訳)1995年。白人女性と同棲し、スパイ活動に携わる韓国系アメリカ人の、アウトサイダーのような生活を描いた処女作。同年ヘミングウェイ賞(en)、ナショナル・ブック・アワードなど米国の文学賞を総なめにした。この作品は、韓国では『永遠の異邦人』として翻訳出版された。

『最後の場所で』(原題:A Gesture Life, 韓国語訳:ジェスチャー・ライフ)1999年。かって、日本軍軍医として慰安婦を管理した経験があり、今は米国の小さな町で薬局を営む日系人(実は植民地出身)が、養女に捨てられる物語。

『空高く』(原題:Aloft,)2004年。初めて非アジア人を主人公にした最新作。ロング・アイランドの、豊かな上層中産階級に訪れた、家庭危機を描く。ニューヨーカー誌は、チャンネ・リーを、「21世紀の20人の作家」に選んだ。

『ザ・サレンダード』(The Surrendered, 未邦訳)2010年

外部リンク[編集]