チェチーリア・ガッレラーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白貂を抱く貴婦人(レオナルド・ダ・ヴィンチ画)

チェチーリア・ガッレラーニ(Cecilia Gallerani, 1473年 - 1536年)は、ミラノルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾。レオナルド・ダ・ヴィンチの『白貂を抱く貴婦人』のモデルとされている。

生涯[編集]

ラテン語を流ちょうに話せ、詩を書き、哲学などの議論のできる才女だったと言われている。ルドヴィーコがベアトリーチェ・デステと結婚後も、ルドヴィーコの居城に自室を持っていた。チェチーリアは彼の庶子チェーザレを生んでいる。

ベアトリーチェがチェチーリアの存在を疎ましく感じ始めると、ルドヴィーコは彼女に命じてミラノ公の居城ポルタ・ジョヴィア城から去らせた。1492年にチェチーリアはベルガミーノ伯ルドヴィーコ・ディ・ブランビッラと結婚し、カルマニョーラ城を与えられた。夫とチェーザレの死後(1514-1515)、チェチーリアはクレモナ近郊のサン・ジョヴァンニ城に引退した。