ダブルインバーテッドブリーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IPA 番号 433
IPA 表記 [͡]
Unicode U+0361
文字参照 ͡
JIS X 0213 1-11-50
X-SAMPA
Kirshenbaum

ダブルインバーテッドブリーブは、国際音声記号では、二重調音(にじゅうちょうおん)を示す場合に二つの発音記号の上部に弧を表記し表す。タイとも呼ばれる。

この場合の発音は、破擦音或となり、両唇軟口蓋破裂音では、[k͡p]の場合は無声両唇軟口蓋破裂音[ɡ͡b]の場合は有声両唇軟口蓋破裂音を表す。[ŋ͡m]の場合は両唇軟口蓋鼻音をあらわす。

Unicodeでは、U+0361のダブルインバーテッドブリーブ(合成可能)を利用して表現する。(例:[k͡p]は、「k」と「p」の間にU+0361の「 ͡ 」を入れると「k」と「p」の上をまたぐ形で表現される)

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
͡ U+0361 1-11-50 ͡
͡
ダブルインバーテッドブリーブ(合成可能)
破擦音又は二重調音記号

脚注[編集]


関連項目[編集]