ダニエル・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ケリー Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ダニエル・ジョゼフ「ダン」・ケリー[1][2]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 走幅跳短距離走
所属 Spokane Athletic Club
生年月日 1883年9月1日
生誕地 アメリカ合衆国コロラド州プエブロ[2]
居住地 アメリカ合衆国オレゴン州ベーカーシティ
没年月日 1920年4月9日(満36歳没)
死没地 カナダブリティッシュコロンビア州イースト・クートニー地域ファーニー(en:Fernie, British Columbia
身長 176cm
体重 66kg
自己ベスト 100ヤード[3]:9秒6(1906年)
220ヤード走[4]:21秒6(1906年)
走幅跳:7.37m(1906年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1908 ロンドン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ダニエル・ケリーDaniel Joseph Kelly1883年9月1日1920年4月9日)は、アメリカ合衆国の男子元陸上競技選手である。彼は、1908年に開催されたロンドンオリンピック走幅跳で銀メダルを獲得した。

経歴[編集]

ダニエル・ケリーはコロラド州プエブロで生まれ、オレゴン州ベーカーシティで育った[2]。彼の父は、同地で鍛冶職人として働いていた。1904年にコロンビア大学(現在のポートランド大学)に入学して陸上競技に取り組み、短距離走での学校記録を次々と塗り替え、走高跳、砲丸投、ハンマー投の選手としても活動した[2]

1905年の秋、法律を学ぶためオレゴン大学に転校した[2]。そこでも陸上競技を続け、カレッジフットボールではハーフバックとして活躍した[2]。陸上選手としては、1906年に100ヤード走と220ヤード走で当時の世界タイ記録を6月23日に出した実績があり、当時最高の陸上選手と認められていた[2][5]。1908年にアイリッシュ・アメリカン・アスレチッククラブ(en:Irish American Athletic Club)に加入した。

同年に開催されたロンドンオリンピックでは、走幅跳競技のみに出場した。この競技には9つの国から32名の選手が出場して、7月22日に実施された。選手たちは、それぞれ3回の試技を行った。競技の結果、ケリーと同じくアメリカ代表のフランク・アイアンズが当時のオリンピック記録を更新する7メートル48センチで優勝した。ケリーは7メートル9センチで2位となり、銀メダルを獲得した[6][7]

他の主要な大会では、1907年のAAU主催競技会で走幅跳の優勝者となっている[5]。1909年の競技シーズン中に負傷して、現役生活から退くことになった[2]。ベーカーシティに戻った彼は父の仕事を手伝い、カナダで木こりとして働いた[2]。ケリーは肺炎を起こしてカナダで客死し、ベーカーシティに葬られた[2]

1980年に設立されたオレゴン州スポーツ殿堂en:Oregon Sports Hall of Fame)は、ケリーの業績に対して同年に殿堂入り第1号の栄誉を与えた[2]。1992年には、オレゴン大学も彼を大学スポーツ殿堂入りさせている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Oregon Encyclopediaの記述では、フルネームはダニエル・ジェームズ・ケリー(Daniel James Kelly)となっている。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Dan Kelly (1883-1920) Oregon Encyclopedia 2011年2月27日閲覧。(英語)
  3. ^ 91.44m。
  4. ^ 201.168m。
  5. ^ a b GoDucks.com - The University of Oregon Official Athletics Web Site 2011年2月27日閲覧。(英語)
  6. ^ Athletics at the 1908 London Summer Games:Men's Long Jump 2011年2月27日閲覧。(英語)
  7. ^ このオリンピックの走幅跳競技については、上位に入った20人のみ記録と順位が判明している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]