タイ石油公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイ石油公社英語: PTT略称PTT)あるいはPTTは、タイ天然ガス事業、石油事業を行うエネルギー関連企業である。同国最大の企業であり、多くの子会社を有する。 タイ国政府工業省直轄のタイ石油公団として設立されたが、2001年に上場し、一部民営化された。現在においても、タイ国財務省が同社株式の52.32%を保有している。間接出資分を合算すると約68%をタイ国政府が出資する国有企業である。


天然ガス、石油の採掘から精製、生産、販売を主に行っている。

SET 50 Indexの採用銘柄である。(2008年2月現在)

歴史[編集]

子会社[編集]

外部リンク[編集]