ゾーラ・バッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゾーラ・バッド(Zola Budd、1966年5月26日-)は、南アフリカ共和国出身の陸上競技選手。女子5000mで2回の世界記録を樹立、世界クロスカントリー選手権を2度制した。1989年に結婚、改姓してゾーラ・ピータースとなった。

女子陸上長距離がまだそれほど盛んでない頃から活躍していたパイオニア的な選手であったとともに、常に裸足で走ることでも有名であった。さらに、アパルトヘイト下の南アフリカの選手ということで、イギリスに滞在していた期間、常に政治的論争の的を巻き起こした。

女子5000m世界記録[編集]

17歳をむかえた1984年に、裸足で走った女子5000mにおいて、15分01秒83の世界新記録を樹立し脚光を浴びた。しかし、この記録はアパルトヘイトを行っている南アフリカで記録されたものであったため、世界新記録と認められなかった。 しかし、翌1985年イギリスにおいて出した14分48秒07の記録は、公式の世界新記録と認められた。

英国籍の取得[編集]

イギリスの新聞社が、ロサンゼルスオリンピックに出場するためにも、父親に対しイギリスの国籍をとるように勧めた。そして、多くの論争を巻き起こしながらも比較的に短期間に英国籍が認められた。 イギリスに到着したときから、彼女が英国代表としてオリンピックに出場することに対し、アンチアパルトヘイトの立場から反対の嵐が巻き起こった。

ロサンゼルスオリンピック[編集]

陸上女子3000mに出場。 オリンピックの決勝は、中間点を過ぎてもスローペースのまま運んでいた。バッドが集団を引っ張っていた。集団は第4コーナーを回り1700mを過ぎたところで、事故は起こった。 アメリカメアリー・デッカーは母国で行われるこの大会の優勝候補の1人と目されていた。デッカーはアメリカで行われるレースではいつもレースを支配していたのでこのように、ほかの選手の背後を走ることに慣れていなかった。このときデッカーは、バッドの半歩後方の内側を走っていた。直線に出たところで、デッカーの左足の太ももがバッドの左足に触れ、わずかにバランスを崩した。デッカーはそれでもバッドに付こうとしたが、デッカーの右のシューズがバッドのふくらはぎに触れた。それから数歩の後、バッドが内側にわずかに切れ込んだ瞬間、デッカーは躓いて、フィールド内に転げ落ちた。

デッカーは左のでん部を怪我してレースを再開することができなかった。バッドは、観客から容赦ないブーイングを浴びせられ、しばらくの間はトップを守っていたものの、次第に走る気力を失っていった。結局ブーイングの中、7位という結果となった。レース後、彼女はデッカーに謝りに行ったときに、「どうでもいいから」とあしらわれたという。

その後[編集]

1988年南アフリカに帰国し、数年間、国際舞台から離れる。 1989年に結婚、ゾーラ・ピータースとなる。彼女は、南アフリカ代表として1992年バルセロナオリンピック3000mで出場するが決勝に残ることはできなかった。 現在も、ジュニアとシニアのレベルにおいて、たくさんの南アフリカ記録とイギリス記録として残る。

外部リンク[編集]