ソフィア・ファウラー・ギャローデット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソフィア・ファウラー・ギャローデット(Sophia Fowler Gallaudet、1798年5月20日 - 1877年3月13日)は、トーマス・ホプキンズ・ギャローデットの妻である。国立聾唖大学(後のギャローデット大学)の創立運動に関わる婦人として、国会議員へのロビー活動における決定的な役割を果たすなど、彼女はろう歴史で重要な貢献をした。彼女は1857年5月30日にコロンビア聾唖教育施設の最初の婦人として任命され、1866年8月1日までの9年間その地位に就いた。

彼女の両親はマイナー・ファウラーとレイチェル・ホールである。彼女はコネチカット州ギルフォード近くの町でろう者として生まれた。1817年、姉妹のパーネルに付き添って、彼女は19歳で初めて学校(コネチカット聾唖教育指導施設)に入学し、1821年の春まで勉強を続けた。

彼女は1821年8月29日にトーマス・ホプキンズ・ギャローデットと結婚し、8人の子供をもうけた:トーマス・ギャローデット(1822-1902)、ソフィア(1824-1865)、ピーター・ウォレス(1827-1903)、ジェーン・ホール(1827-1853)、ウィリアム・ルイス(1829-1887)、アリス・コグズウェル(1833-1891)、キャサリン・ケイト・ファウラー(1831-1917)、エドワード・マイナー・ギャローデット(1837-1917)。

参照[編集]