トーマス・ギャローデット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・ギャローデット

トーマス・ギャローデット(Thomas Gallaudet、1822年6月3日 - 1902年8月27日)は、米国聖公会司祭である。コネチカット州ハートフォードで生まれた。彼の父トーマス・ホプキンズ・ギャローデットは、アメリカ合衆国の聾教育の有名な開拓者である。

ギャローデットはハートフォードのトリニティ・カレッジを卒業した後、ニューヨークの聾唖施設の教育員になった。そこで、彼はエリザベス・バッドと出会い、そして結婚した。彼女はギャローデットの母ソフィア・ファウラーと同様、聾者だった。

彼は父の足跡をたどるように、1852年にニューヨークで聾唖者のための教会「聖アン教会」、1885年ポキプシー近くで聾唖者のためのギャローデットホームを設立した。

トーマス・ギャローデットの生徒のうちの一人ヘンリー・ウィンター・サイルは、米国聖公会によって叙任された最初の聾者になった。

ギャローデットは死後、コネチカット州ハートフォードのシーダーヒルにある墓地に埋葬された。

外部リンク[編集]