セント・オーガスチン・パオアイ教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セント・オーガスチン・パオアイ教会は、フィリピンイロコス・ノルテ州パオアイ英語版市に建つローマ・カトリック教会ならびにその聖堂。同名の教会がフィリピン国内に多数存在するため、パオアイのセント・オーガスチン教会、また単にパオアイ教会とも呼称される。

現在の大聖堂とベルタワーは、1694年に着工し1710年に完成した。 大聖堂は両側面と背面に多数のバットレスがあり、その特徴的な外観で有名な建築物である。 1993年、フィリピンのバロック様式の教会の一つ最高の例としてユネスコの世界遺産に指定された。