スルターン・クリー・クトゥブ・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スルターン・クリー・クトゥブ・シャー1444年 - 1543年)は、ゴールコンダ王国の創始者(在位1518年 - 1543年)。スルターン・クリー・クトゥブル・ムルクとも呼ばれる。

彼は、当初、バフマニー朝ムハンマド・シャー3世の時代である1463年にテランガーナー地方に総督として派遣された。次のムハンマド・シャー4世からも幾つかの称号を授けられ、バフマニー朝は激しい党争で衰退が著しくかっての力を失っていた。

1518年、彼はゴールコンダに独立を宣言してクトゥブ・シャーヒー王国をうちたてた。首都ゴールコンダの拡張にはそれほど力を注がなかったが、カーカティーヤ朝時代の古ぼけた泥の砦を基礎に、それを巨大なゴールコンダ要塞へと強化した。さらに彼は、ゴールコンダ要塞をモスクや宮殿や庭園などで美しく飾った。この要塞都市はムハマンダナガルと呼ばれ、急速に成長するとともに、ダイヤモンドや宝石の交易で有名となり、瞬く間に第一級都市のひとつとしての名声を得た。

スルターンの家臣は、彼を非常に高貴に感じており、彼もまた慈悲深く領地を統治した。彼は99歳の時、息子のジャムシード・クリー・クトゥブ・シャーにより殺害された。

関連項目[編集]