ムハンマド・クリー・クトゥブ・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド・クリー・クトゥブ・シャーの肖像

ムハンマド・クリー・クトゥブ・シャー(アラビア文字表記:محمد قلى قطب شاه;ローマナイズ表記:Muhammad Quli Qutb Shah、1566年 - 1612年)は、ゴールコンダ王国の第5代の王(在位:1580年 - 1612年)。

この王の治世下は、長らく平和で繁栄に満ちたものであった。まさに、ゴールコンダ王国の絶頂期をもたらした王とされる。彼は15歳で王位を継承した。彼はハイデラバードを見出し、王国の偉大なる王都として計画・建設した。この新都命名に関する逸話は、とても有名である。

また、彼は南方のヴィジャヤナガル王国に対してもたびたび侵攻している。

彼は、父王イブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャーと同じく、テルグ語アラビア語ペルシア語と同様に奨励した。彼自身も優れたテルグー語詩人であり、その伝統文化や祭典を保護した。彼はまた、デカン様式の詩韻を最初に確立した事でも知られている。

彼の治世は32年の長きにわたるものであったが、彼自身は40歳代後半で没してしまった。彼はまさに王の中の王であるとともに、偉大な建築家であり、文学者でもあった。一人娘ハヤート・バフシュ・ベーガムは、王位を継いだ彼の甥でもあるスルタン・ムハンマド・クトゥブ・シャーに嫁している。

先代:
イブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャー
ゴールコンダ王国
1580年 - 1612年
次代:
スルタン・ムハンマド・クトゥブ・シャー