アブドゥッラー・クトゥブ・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドゥッラー・クトゥブ・シャー

アブドゥッラー・クトゥブ・シャー (عبد الله قطب شاه , Abdullah Qutb Shah)(1614年 - 1672年)は、ゴールコンダ王国の第7代の王(在位1626年 - 1672年)。

スルタン・ムハンマド・クトゥブ・シャーの息子である彼は、12歳の時に王位を継承したが、成人に達するまでは彼の母が王国を統治した。彼の治世中にゴールコンダ王国はヴィジャヤナガル王国に侵入して拡大していたが、1636年(第一次ムガル遠征軍)と1656年(第二次ムガル遠征軍)には強大なムガル帝国の進入により、王国内で戦火を交えることを余儀なくされている。ゴールコンダ要塞は激しい攻撃をうけ、陥落はしなかったものの、休戦のために莫大な賠償金を支払うこととなってしまった。また、ゴールコンダ王国の太守ミール・ムハンマド・サイード・アルディスターニーが帝国の側についた。

しかし、アブドゥッラー・クトゥブ・シャーは、おおむね平穏な人生を過ごしたとされている。

関連項目[編集]