スポンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポンデーSpondee, または強強格揚揚格)は、韻脚の一種。古典詩(古代ギリシアラテン語詩)ではスポンデイオスギリシア語Spondeios, ラテン語:spondeus, またはスポンダイオス長長格)という。古典詩では2つの母音の長い音節から、現代詩では2つのアクセントの強い音節から、それぞれ成っている。英語詩においてはいささかユニークに、最低でも1つのアクセントの弱い音節を含む、多くの他の韻脚のようにふるまう。

スポンデーだけで重厚な詩を作ることは現実的に無理である。従って主に、アナペスト(弱弱強格)的な構造の中の変化として発生する。

たとえば、G・K・チェスタートン『Lepanto』の次の2行「White founts falling in the courts of the sun / And the Soldan of Byzantium is smiling as they run」を例にあげてみる。(太字は強勢、「|」は脚韻の区切り)

White founts | fall-ing | in the courts | of the sun
And the Sol- | dan of By-zan | -ti-um is smi | -ling as they run

2行とも基本的に弱弱強四歩格であるが、2行目の2・3・4番目の韻脚は弱弱弱強格に、また1行目の2番目の韻脚(「falling」)は強弱格に置き換えられている。そして1行目の最初の韻脚(「White founts」)に使用されているのがスポンデーである。チェスタトンがそのように変えたのは、書くことの直感的認識よりも、聞き慣れない音を持たせたかったからだろう。スポンデーはそのような効果を生む。

テニスンはしばしば自作において、スポンデーとピリック(弱弱格)の代用を用いている。『Ulysses』を例に挙げる。

This is my son, mine own Te-le-ma-chus
To whom I leave the sce-pter and the isle,
Well-loved of me, dis-cern-ing to fulfill
This la-bor, by slow pru-dence to make mild
A rug-ged peo-ple, and through soft de-grees
Sub-due them to the use-ful and the good.

3行目の「Well-loved」、4行目の「This la-」、「slow pru-」、「make mild」がスポンデーである。

Be near me when my light is low,
When the blood creeps and the nerves prick
And tingle; and the heart is sick,
And all the wheels of Being slow.
-from In Memoriam

この抜粋の中には2つのスポンデーがある。「blood creeps」と「nerves prick」である。

スポンデーを使った詩のもうひとつの例は、ジェラード・マンリ・ホプキンスの『Pied Beauty(まだらの美)』[1]である。その6行目に、ホプキンスはスポンデーを強調するマークをつけている。

  • And áll trádes, their gear and tackle and trim.

それだけでなく詩の最後も短いスポンデーの行で以下のように締めくくられる。

  • Praise Him.

脚注[編集]

外部リンク[編集]