スペクトル分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スペクトル分析(スペクトルぶんせき)とは、時系列データを周期がシステマティックに決められた三角関数の和に恒等的に置き換え、周期ごとの影響度の強さを分析する手法である。スペクトラル分析ともいう。

もとの時系列データの値と、周期および強度(振幅)の集合の間には恒等的な関係があるため、時系列変動の周期性を分析する手法として有用である。一方で、位相に関する情報が欠落したり、十分に長い(データ点の多い)時系列を必要とするなどの欠点もある。1960年代景気循環の分析に大いに用いられた。

関連項目[編集]