スティーヴン・ギル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティーヴン・ギルStephen Gill, 1950年12月31日 - )は、イギリス出身の政治学者、カナダヨーク大学政治学部教授。専攻は、国際政治経済学

イギリス・ヨークシャーで生まれ、エセックス大学で修士号、バーミンガム大学で博士号を取得。マンチェスター大学で教鞭を執った後、現職。

ロバート・コックスの影響を受け、アントニオ・グラムシカール・ポランニーの議論を下敷きに国際関係を分析。

著作[編集]

単著[編集]

  • American Hegemony and the Trilateral Commission, (Cambridge University Press, 1990).
遠藤誠治訳『地球政治の再構築――日米欧関係と世界秩序』(朝日新聞社[朝日選書], 1996年)
  • Power and Resistance in the New World Order, (Palgrave Macmillan, 2003).

共著[編集]

  • The Global Political Economy: Perspectives, Problems, and Policies, with David Law, (Harvester/Wheatsheaf, 1988).

編著[編集]

  • Atlantic Relations: Beyond the Reagan Era, (Harvester Wheatsheaf, 1989).
  • Gramsci, Historical Materialism and International Relations, (Cambridge University Press, 1993).
  • Globalization, Democratization, and Multilateralism, (Macmillan, 1997).

共編著[編集]

  • Innovation and Transformation in International Studies, co-edited with James H. Mittelman, (Cambridge University Press, 1997).
  • Power, Production and Social Reproduction: Human In/security in the Global Political Economy, co-edited with Isabella Bakker, (Palgrave Macmillan, 2003).

邦訳論文[編集]

  • 「戦後秩序の崩壊とアメリカの責任」(『世界』, 1991年4月号).