ジョン・キャリア・ウィーヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・キャリア・ウィーヴァー(John Carrier Weaver、1915年5月21日 - 1995年3月10日)は、アメリカ合衆国地理学者、教授であり、複数の有力大学で運営者を務めた。

生い立ち[編集]

ウィーヴァーは、イリノイ州エバンストンに生まれた[1]。父A・T・ウィーヴァー (A. T. Weaver) は、ウィスコンシン大学マディソン校演説(パブリック・スピーキング)の教授を1918年から1961年まで務めた人物であった[2]。ジョン・ウィーヴァーは、ウィスコンシン大学マディソン校附属高校 (University of Wisconsin High School) に学び、1936年に学士 (A.B.)、1937年に修士(A.M.)、1942年Ph.D.を、いずれも地理学専攻で、ウィスコンシン大学から取得した。ウィーヴァーは、(成績優秀者の社交団体である)Chi Phi Fraternity の会員であった。

軍務など[編集]

1940年から1942年まで、ウィーヴァーはアメリカ地理学協会 (AGS) のスタッフを務め、1942年から1944年まではアメリカ合衆国国務省で働き、1944年から1946年まではアメリカ海軍北極担当情報士官としての任務に就いた。

高等教育界における職歴[編集]

1946年から1955年まで、ウィーヴァーはミネソタ大学で地理学を教えた。その後、1955年から1957年まで、カンザス州立大学文理学部長 (dean of the College of Arts and Science)、1957年から1961年まで、ネブラスカ大学大学院院長 (dean of the Graduate College)、1961年から1964年まで、アイオワ大学研究担当副学長 (vice president for research) 兼大学院院長、1964年から1966年まで、オハイオ州立大学学術担当副学長 (vice president for academic) を歴任した[3][4]1966年から1970年まで、ウィーヴァーはミズーリン大学システムの学長を務めた[5]1970年、ウィスコンシン大学(マディソン校)の理事会によって学長に選出され、ウィーヴァーは、1971年1月から学長に就任した[6]。 さらに、1971年10月にウィスコンシン大学システムの創設とともに、その初代学長となった[7]1977年、ウィスコンシン大学システムを退職してロサンゼルスに移って、南カリフォルニア大学に地理学の特別教授 (Distinguished Professor) となり、Annenberg Center for the Study of the American Experience の初代執行役員となった。

ウィーヴァーは、1995年カリフォルニア州ランチョ・パロス・ベルデス (Rancho Palos Verdes) で死去した[8]

出典[編集]

  1. ^ The New York Times Biographical Service vol.1 p.2705
  2. ^ Wisconsin then and now p.76
  3. ^ The New York Times Biographical Service vol.1 p.2705
  4. ^ Serving the University of Missouri: a memoir of campus and system p.16
  5. ^ The New York Times Biographical Service vol.1 p.2705
  6. ^ The New York Times biographical service vol.26 p.403
  7. ^ The New York Times biographical service vol.26 p.403
  8. ^ The New York Times biographical service vol.26 p.403
学職
先代:
Elmer Ellis
ミズーリン大学システム学長
1966-1970
次代:
C. Brice Ratchford
先代:
Robert Clodius
ウィスコンシン大学マディソン校学長
1971
次代:
廃止
先代:
新設
ウィスコンシン大学システム
1971-1977
次代:
Hugh Edwin Young