ジョバンニ・バッティスタ・アミーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Giovanni Battista Amici.

ジョバンニ・バッティスタ・アミーチ(Giovanni Battista Amici、1786年3月25日 - 1863年4月10日)はイタリアの天文学者、光学研究者である。屋根型プリズムのアミチプリズム(アミシプリズム)はアミーチの名前が付けられている。

生涯[編集]

モデナで生まれた。ボローニャで学んだ後、モデナで数学を教えた。生物学の研究のために顕微鏡を製作し、光学機器に関する成果を発表した。1931年にフィレンツェに招かれ、天文台の所長と自然科学の教授に任じられた。すぐれた望遠鏡を製作し、フィレンツェのアルチェトリ天文台の望遠鏡の28cmのレンズは当時の世界で2番目の大きさであった。太陽の正中を精度よく測定する、dipleidoscopeの発明者でもある。フィレンツェで没した。

月のクレータと小惑星(3809) アミーチに命名された。

外部リンク[編集]