ジョシュ・ブーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュ・ブーン
Josh Boone
アル=マナーマ  No.2
Josh Boone NY Nets.jpg
名前
本名 Josh Boone
ラテン文字 Josh Boone
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1984年11月21日(30歳)
出身地 メリーランド州マウントエイリー
身長 208cm
体重 111kg
選手情報
ポジション PF/C
背番号 2
ドラフト 2006年 全体23位
選手経歴
2006-2010
2010-2012
ニュージャージー・ネッツ
浙江サイクロンズ

ジョシュ・ブーンJosh Boone, 1984年11月21日 - )はアメリカ合衆国バスケットボール選手。メリーランド州マウントエイリー出身。ポジションはパワーフォワードセンター。208cm、111kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

高校はメリーランド州南キャロル高校でプレイし、20得点14.4リバウンド7ブロックのアベレージでチームを牽引し、州トーナメントでは準決勝まで勝ち進んだ。高校卒業後に通った西ノッティンガムアカデミー(大学予備校)では28得点16リバウンド9.7ブロックのアベレージを残した。

大学はコネチカット大学に進学。1年目の2003-04シーズンから先発に起用され、ビッグ・イースト・カンファレンスのオールルーキーファーストチームに選ばれた。翌04-05シーズンには12.4得点8.4リバウンド2.9ブロックのアベレージを残し、カンファレンスの年間最優秀守備選手賞とオールセカンドチームに選ばれた。05-06シーズンのNCAAトーナメントではElite8まで勝ち進んだ。

NBA時代[編集]

2006年のNBAドラフトにて1巡目23位指名で、同大学のチームメイトであったマーカス・ウィリアムズと共に、ニュージャージー・ネッツに入団。ルーキーイヤーとなった06-07シーズン前半は開幕前に肩の手術をしたこともあり、ベンチを温める日々が続いたが、後半になると少しずつ出場時間を与えられるようになり、特にマーカス・ウィリアムズとの息のあったプレイでは存在感を示し、苦戦を強いられていたネッツのシーズン終盤の巻き返しに貢献した。翌07-08シーズン開幕前にも手術をしたため、再び出遅れる形となったが、12月中盤からは低迷するチームの打開策として先発に抜擢されるようになり、以降は試合をこなすごとに成績が向上。ゴール下では欠かせない存在として活躍し、7シーズンぶりにプレーオフ進出を逃したネッツにおいて、数少ない明るい話題を提供した。

2010-11シーズンより中国プロバスケットボールリーグ浙江サイクロンズでプレーしている[1]

プレイスタイル[編集]

ゴール下では混戦であるほどに力を発揮する。決してテクニカルでもフィジカルでもないが、オフェンスリバウンドを着実に抑え、次の得点チャンスを生み出すことができる。一方フリースロー成功率はキャリア平均で5割を割っており[2]、そのため接戦時には常にファウルゲームの標的にされている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Former Nets Try to Put Losing Season Behind Them”. ニューヨーク・タイムズ (2010年11月29日). 2012年3月18日閲覧。
  2. ^ Boone Gives Nets a Lift, Except at the Free-Throw Line”. ニューヨーク・タイムズ (2008年1月14日). 2012年3月18日閲覧。
  3. ^ Last Night's Action: A Much-Needed Win”. gothamist.com (2007年12月15日). 2012年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]