ジョコンダ・ベッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gioconda Belli

ジョコンダ・ベッリ(Gioconda Belli, 1948年12月9日 - )は、ニカラグアの詩人。ベッリは20世紀を代表する100人の詩人の一人に選ばれている[1][2]

初期の経歴[編集]

ジョゴンダ・ベッリは北イタリア系の出身であったが、ソモサの独裁政治に対抗していたサンディニスタ勢力の活動的参加者であった。また、このムーブメントのために彼女の活動により、1975年、彼女のメキシコ追放につながった。その後、サンディニスタ勢力が勝利した後の1979年、帰国し、1982年、彼女はサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)の国際報道への連絡係となった。その間、アメリカのナショナル・パブリック・ラジオのジャーナリスト、チャールズ・カスタルディと知り合い、1987年結婚した。1990年以降、マナグアロサンゼルスに住み、サバティスタ民族解放戦線からの離脱した今、現在の政府の主要な批判者となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nicaragua.com - Literature - Nicaragua
  2. ^ Excerpt: Moon guide to Nicaragua