ジュール=セザール・サヴィニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュール=セザール・サヴィニー(Marie Jules César Lelorgne de Savigny、1777年4月5日1851年10月5日)はフランスの動物学者である。ナポレオンのエジプト遠征の学術調査団に参加した学者の一人で、1809年の報告書の執筆に参加した。

略歴[編集]

プロヴァンスに生まれた。16歳で故郷を離れ、セーヌ=エ=マルヌやパリで学んだ。植物学に興味を持ち、パリ自然史博物館で、ジャン=バティスト・ラマルクジョルジュ・キュヴィエと働き始めた。キュヴィエの推薦で、21歳の時、エジプト遠征に参加した。サヴィニーは無脊椎動物の調査を担当し、イジドール・ジョフロワ・サン=ティレールが脊椎動物の調査を担当した。1802年にフランスへの帰国後、エジプトで集めた、膨大なコレクションの整理と図版の作成を行った。著作には『コウノトリの自然史』("Histoire naturelle et mythologique de l'ibis")などがある。

1817年頃から視力を徐々に失い、しばらく仕事をやめなければならなかった。 1821年に科学アカデミーの会員に選ばれた。

クモの種、Argiope savignyiガンガゼ科のウニ、Diadema savignyiなどに献名されている。

著作[編集]

  • Histoire naturelle et mythologique de l'ibis, Paris, Allais libraire, 1805.
  • Système des oiseaux de l'Égypte et de la Syrie, dans Description de l'Égypte, Histoire naturelle, Tome premier, Paris, 1809, p. 62 à 114.
  • Explication sommaire des planches de reptiles (supplément), dans Description de l'Égypte, Histoire naturelle, Tome premier, Paris, 1809, p. 161 à 184.
  • Tableau systématique des ascidies, dans Description de l'Égypte, Histoire naturelle, Tome premier, Paris, 1809, 2e partie, p. 1 à 58.

参考文献[編集]

  • Robert Solé, Les Savants de Bonaparte, Paris, Seuil, 1998, p. 97.
  • Maurice Boubier, L’Évolution de l’ornithologie, Paris, Alcan, coll. « Nouvelle collection scientifique »,‎ 1925, ii + 308 p.
  • Édouard de Villiers du Terrage, Journal et souvenirs sur l'expédition d'Égypte, mis en ordre et publiés par le baron Marc de Villiers du Terrage, Paris, E. Plon, Nourrit, 1899, et L'Expédition d'Égypte 1798-1801, Journal et souvenirs d'un jeune savant, Paris, Cosmopole, 2001 et 2003, p. 382.