イジドール・ジョフロワ・サン=ティレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イジドール・ジョフロワ・サン=ティレール
イジドール・ジョフロワ・サン=ティレール
人物情報
生誕 1805年12月16日
フランスの旗 フランス パリ
死没 1861年11月10日(満55歳没)
国籍 フランスの旗 フランス
学問
研究分野 動物学者
主な業績 動物行動学
影響を
受けた人物
エティエンヌ・ジョフロワ・サンティレール(実父)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

イジドール・ジョフロワ・サン=ティレールフランス語: Isidore Geoffroy Saint-Hilaire1805年12月16日 - 1861年11月10日)は、フランス動物学者解剖学者エソロジー英語: ethology)という言葉を初めて作った。

生涯[編集]

フランス博物学者エティエンヌ・ジョフロワ・サンティレールの子としてパリに生まれ、幼いころは数学への適性をみせたがやがて自然科学医学の勉強に打ち込むようになり、1824年父の助手に指名された。1832年から1837年にかけて、奇形学(Teratology)における偉大な功績である著書『 Histoire générale et particulière des anomalies de l’organisation chez l’homme et les animaux 』を著した。

1829年に父から鳥類学の一連の講義を受け、その後3年間はアテネで動物学を教え高等研究実習院では奇形学の教鞭をとった。1833年にフランス科学アカデミーのメンバーに選ばれ、1837年にはパリの理学部で父の代理に指名される。翌年ボルドーに赴任し、そこでは小さな学部をつくった。その後も引き続き、パリ・アカデミーの監察官(1840年)、父の引退に伴う博物館教授(1841年)、大学の総括監察官(1844年)、枢密院メンバー(1845年)、アンリ・ブランヴィル死去に伴う理学部動物学教授(1850年)などを歴任した。1854年に設立したパリ順化協会では会長を務めた。

業績[編集]

主な著作物に以下のものがある。

  • Essais de zoologie générale (1841年) ;
  • La Vie d'Étienne Geoffroy Saint-Hilaire (1847年)  ;
  • Acclimatation et domestication des animaux utiles (1849年) ;
  • Lettres sur les substances alimentaires et particulièrement sur la viande de cheval (1856年) ;
  • Histoire naturelle générale des règnes organiques (全3巻, 1854年-1862年)

また、これ以外にも動物学、比較解剖学古生物学などについて多様な論文を残している。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、イジドール・ジョフロワ・サン=ティレールに関するカテゴリがあります。

参照[編集]